天浜線さくらトレイン【2023年4月2日開催】

スポンサーリンク

天浜線さくらトレインについて

天浜線さくらトレインは、弊サークル「進電舎」が企画する団体貸切列車の運転と、ヘッドマークの制作・取り付けに関する一連のイベントです。このページでは主に団体貸切列車の運転概要と、申し込み方法についてを掲載しています。この団体貸切列車は主に弊サークルのいわゆる「オフ会」で、主に弊サークルのフォロワーと交流するために貸切列車を運転します。

静岡県の桜の満開の平年日は4月2日で、まさにこの4月2日に貸切列車を運転します。つまり、桜が一番綺麗なシーズンに走らせます。もし桜の満開日が大幅に早かったり、遅かったりしない限りは車窓から咲き乱れる桜をお楽しみいただけると思います。天浜線は沿線に桜の綺麗な場所が多く、まさに「走りながらお花見」が楽しめます。

スポンサーリンク

天浜線について

天浜線は静岡県の西端、新所原駅から城とお茶の街、掛川を結ぶ全長67.7kmの路線です。1両単行のディーゼルカーが、昼間は1時間に1本程度運転されている、いわゆるローカル線です。

この天浜線、ここ最近注目を集めています。まずは何といってもアニメの聖地になり、そのアニメとコラボしたことが挙げられます。「ゆるキャン」では浜名湖佐久米駅などが登場。さらに映画の「シン・エヴァンゲリオン」では天竜二俣駅の転車台や扇形車庫などが登場。この2つはいずれもラッピング車両が登場しており、人気を博しています。ラッピング車両はこれ以外にもおり、全15両中11両が何らかのラッピング車となっています。このラッピングはアニメコラボからボーカロイドのキャラクター、地元企業から地域のボランティア活動、国鉄カラーリバイバルのラッピングまで、実に多種多様です。それから近年は「インスタ映え」するスポットも多く、注目を集めています。「ゆるキャン」の聖地でもある浜名湖佐久米は、冬になるとユリカモメが大量に飛来することで有名です。それから太田川に掛かる太田川橋梁は、川の上を列車が走るような写真が撮れることで有名になりました。天浜線は2020年、全線開通90周年を迎えました。それゆえ天浜線には歴史的な建造物が多く、実に36の構造物が重要文化財に登録されています。特に天竜二俣駅にはこのうち10個が集中しており、現役としてはとても珍しい扇形車庫、転車台も登録されています。

スポンサーリンク

使用車両について

使用車両は湘南色をリバイバル塗装したTH2101での運転を予定しています。(※状況により変更になる場合があります)。

この車両は2018年5月にこの湘南色になって運行を開始しました。車外はもちろん、車内にも手が加えられており、木目調の内装と、国鉄型っぽい青色のモケットのシートとなっています。車端部に5人掛けのロングシートがあり中央には片側4ボックスのクロスシートが配置されています。座席数は52席。

スポンサーリンク

ヘッドマークの装着について

貸切列車には、特別なオリジナルヘッドマークを装着して運行します。また、貸し切り列車の前後の期間(3月25日【土】~4月9日【日】)は一般列車にヘッドマークを取り付けて運行します。貸切当日は貸切車両であるTH2101に取り付けますが、それ以外の日は他の車両に取り付けられる場合があります。

ヘッドマークのデザインは当日のお楽しみですが、「さくら」をモチーフにしたヘッドマークを制作する予定です。

スポンサーリンク

参加者募集要件

・申し込み時点において弊サークルのTwitterアカウント(@Shindenshaまたは@Kamo_Colle)をフォローしていること

※不特定多数に対し参加者の募集を行うと旅行業法に抵触する可能性があるため、このようにさせて頂いております。

※相互フォローである必要はありません。参加申し込みをいただければフォローバックさせて頂きますので、お気軽にフォローください。

募集定員

35名

※先着順。定員になり次第一旦締め切りとさせていただきます。座席数は52席ございますので、もし定員に達した場合でも、また追加で募集を行う可能性があります。

参加費

8000円

※参加費は全体の参加人数によって変動しますが、8000円を上限としております。20人以上の参加者が集まった場合、参加費の引き下げを検討しております。

※参加費のお支払いは当日乗車前にお願いします。なお参加費の支払いには交通系ICカードおよびタッチ決済可能なクレジットカード、iD、QuicPayもご利用いただけます。

本募集開始時期

2023年1月頃 ※状況により前後することがあります

募集締め切り予定日

2023年3月26日(開催日の一週間前) ※状況により前後する場合があります。

その他注意事項

・新型コロナウイルス対策へのご協力をお願い致します。車内では原則マスク着用、飲食等でマスクを外す場合は可能な限り会話はお控えください。

・食事については天竜二俣駅で予定しておりますが、現時点で予約が取れるか確定しておらず、人数の問題もあるため、車内での駅弁に変更になる可能性もございます。

・往路は桜が綺麗な駅のうち4駅に特別に停車いたしますが、30秒程度で、降りて撮影することはできませんのでご了承ください。

・往路のみ、復路のみの乗車も可能です。お気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

運転概要

運転区間と時刻

往路:(新所原駅 10:30頃集合) 新所原駅10:50頃発→→【桜が綺麗な4つの駅に特別停車(降車はできません)】→天竜二俣12:00頃着

天竜二俣駅にて食事(予定)→その後13:30より洗車・転車台体験および歴史資料館見学を実施。

復路:天竜二俣駅15:00頃出発→【宴会】→新所原駅16:30頃着 到着次第解散

※毎年3月中旬にダイヤ改正が実施されるため、時刻が若干変更になる場合があります。

車内イベントなどについて

参加者全員に天浜線の同人誌を配布します。この同人誌は現在制作中で、うまくいけば貸切の時に配布できる予定です。天浜線の駅や歴史、車両などについて解説しています。この本は通販でも頒布しますが、この天浜線の貸切で先行配布という形で配布する予定です。また、それ以外の既刊についても販売することを検討しております。また、他のサークルの同人誌も頒布可能ですので、お気軽にご相談ください。

日本酒とお菓子を用意いたします。数量には限りがありますが、お酒のご用意もございますので、もしお酒を飲まれる際は公共交通機関でお越しください。また、車内にはクーラーボックスもご用意しております。

往路では地元在住の弊サークル主が天浜線沿線の観光スポットや駅などについて解説を行う予定です。お楽しみに。

これ以外にも車内でのイベントを企画しております。決定し次第、こちらに掲載いたします。

スポンサーリンク

ギャラリー

座席。写真はTH2102のものなので、当日使用する2101とは内装が若干異なります。テーブルは可動式となっています。

天竜二俣駅です。駅舎および扇形車庫、ホーム上屋根、給水塔、転車台など10点が登録有形文化財となっています。

ゆるキャンの聖地の1つとなっており、ラッピング車両のほか、いろいろとやっています。

天竜二俣駅にはキハ20と20系客車が保存されています。このほか、駅前にはC58も保存されています。

知波田~気賀間では、浜名湖沿いを走ります。とても良い車窓が広がります。

春は多くの駅で桜が咲きます。写真は尾奈駅。もちろんこの駅にも停車します(降車はできません)

スポンサーリンク

(プレ)参加申請フォーム

本登録は2023年1月から開始する予定ですが、こちらではそれより前に参加登録申請を行うことができます。原則として本登録受付開始後はそのまま本登録扱いに移行させていただきます。参加の辞退については可能な限り開催の一週間前までにお願いいたします。参加申請が完了すると自動メールが配信されますのでご了承ください。申込内容についてメールまたはTwitterのDMにてお伺いさせていただくことがあります。ご了承ください。往路のみ、復路のみの参加を希望する場合、その旨を備考欄にお書き添えください。

タイトルとURLをコピーしました